まずはお気軽にご相談ください

簡単30秒!

相談する

ハンバーガーメニュー完全解説: 初心者からプロまで役立つテクニックとヒント

HPに関する用語集

更新:2024/02/15 16:12

インターネット上のページを見やすくするために、メニューというものがあります。このメニューの中に、よく見かける三本線のマークがあります。

これを「ハンバーガーメニュー」と呼びます。見た目がハンバーガーのように重なっているからです。

この記事では、そのハンバーガーメニューについて、どんなものか、どうやって作るのか、使いやすくするコツなどを、初めてインターネットのページを作る人から、もっと詳しく知りたい人まで、誰でもわかるようにお話しします。

この記事を読めば、インターネットのページをより使いやすく、見やすくするためのアイデアが見つかるはずです。

ハンバーガーメニューとは

インターネットを使っていると、特にスマートフォンでウェブサイトを見る時に、画面の隅に三本の横線が重なっているマークをよく見かけます。このシンプルなマークが「ハンバーガーメニュー」と呼ばれるものです。なぜハンバーガーなのかというと、その見た目がまるでハンバーガーのように上下のバンと中の具材に見えるからです。このデザインは、スペースを有効に使うために生まれました。画面が小さいスマートフォンでは、たくさんの情報やリンクを一度に表示するスペースがありません。そこで、このハンバーガーメニューをタップすると、必要なナビゲーションリンクや情報がスライドインする形で現れるようになっています。この便利さとシンプルさから、ハンバーガーメニューは多くのウェブサイトやアプリで採用されています。

ハンバーガーメニューの基本的な構造と機能

ハンバーガーメニューが持つ役割は大きく分けて三つあります。

スペースの節約:ハンバーガーメニューの最大の利点は、限られたスペースを最大限に活用できることです。特にスマートフォンのような小さな画面では、このメニューがなければ表示できる情報が大幅に限られてしまいます。

ナビゲーションの簡略化:ユーザーが必要とする情報に素早くアクセスできるよう、ウェブサイトの構造をシンプルに保つことができます。メニューボタンをタップするだけで、ユーザーは様々なページやセクションへ移動できるようになります。

ユーザー体験の向上:ハンバーガーメニューは、ユーザーがサイトを探索する際のガイド役を果たします。混乱を避け、直感的に操作できるデザインは、訪問者の満足度を高め、ウェブサイト上でより長く滞在してもらうことに繋がります。

これらの機能は、ハンバーガーメニューがなぜ広く採用されているのかを理解するのに役立ちます。見た目のシンプルさの背後には、ユーザーが快適に情報を得られるように考え抜かれた設計があります。

ハンバーガーメニューの設計と実装

ハンバーガーメニューは、そのシンプルな見た目からは想像できないほど、ウェブサイトやアプリのユーザー体験に大きな影響を与える重要な要素です。ここでは、その設計と実装について見ていきましょう。

ステップバイステップ: ハンバーガーメニューの作り方

ハンバーガーメニューを作るプロセスは以下のステップで構成されます:

アイコンのデザイン:まずは、三本の横線で構成されるハンバーガーメニューのアイコンをデザインします。このアイコンは、視覚的にシンプルで直感的に理解できる必要があります。
メニュー項目の決定:ハンバーガーメニューをクリックまたはタップした時に表示されるメニュー項目を決定します。ここには、ユーザーが最もアクセスしたいと思うウェブサイトの主要なセクションが含まれるべきです。
実装:ハンバーガーメニューは、HTML、CSS、およびJavaScriptを使用してウェブページに実装されます。HTMLで構造を作り、CSSでスタイルを適用し、JavaScriptでインタラクティブな動作を実現します。

スクリーンショットと実例で見るハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニューの実例をいくつか見てみましょう。

ソーシャルメディアアプリ:多くのソーシャルメディアプラットフォームでは、ハンバーガーメニューを利用して、設定、プロフィール、友達リストなどのセクションへのアクセスを提供しています。
ニュースサイト:ニュースウェブサイトでは、さまざまなカテゴリやセクションへのナビゲーションをハンバーガーメニューにまとめて、記事の閲覧に集中できるようにしています。
Eコマースサイト:オンラインショッピングサイトでは、商品カテゴリ、アカウント情報、買い物カゴへのリンクなどをハンバーガーメニュー内に配置して、ショッピング体験をスムーズにしています。

モバイルとデスクトップでのハンバーガーメニューの適用

ハンバーガーメニューは、モバイルデバイスで特に有効ですが、デスクトップ版のウェブサイトにおいても採用されることがあります。モバイルでは、画面のサイズが限られているため、ハンバーガーメニューを使ってコンテンツへのアクセスを簡単にします。一方で、デスクトップでは、ハンバーガーメニューが必ずしも必要ではない場合もありますが、デザインの統一感を持たせるため、またはウェブサイトのデザインをシンプルに保つた

ハンバーガーメニューのユーザビリティとアクセシビリティ

ハンバーガーメニューは、ウェブデザインの世界で広く採用されているナビゲーションツールですが、その使用はメリットとデメリットの両方を伴います。ここでは、それらをデザインとユーザーエクスペリエンス(UX)の観点から掘り下げ、さらにアクセシビリティを考慮した設計と、ユーザーテストに基づく改善方法についても触れます。

ハンバーガーメニューのメリットとデメリット

デザイン観点でのメリット

シンプルさ: ハンバーガーメニューは極めてシンプルで、任意のデザインに容易に統合できます。このシンプルさが、クリーンで現代的なウェブサイトデザインを実現する上で役立ちます。
スペース節約: 限られたスペースを効率的に使用することができ、特にモバイルデバイスでの閲覧において価値があります。

デザイン観点でのデメリット

見つけにくさ: 一部のユーザーにとって、ハンバーガーメニューは直感的ではなく、サイトのナビゲーションオプションを見つけるのが難しい場合があります。

UX観点でのメリット

ナビゲーションの簡素化: ユーザーはハンバーガーメニューをタップすることで、必要な情報へ迅速にアクセスできます。

UX観点でのデメリット

隠れたコンテンツ: 重要なナビゲーションリンクが初めから見えないため、ユーザーがサイトの全体像を把握しにくくなることがあります。

アクセシビリティガイドラインに沿ったハンバーガーメニューの設計

アクセシビリティを考慮したハンバーガーメニューの設計には、以下のようなポイントがあります:

キーボードナビゲーションのサポート: ユーザーがキーボードだけでナビゲーションできるようにします。
スクリーンリーダーの互換性: メニュー項目がスクリーンリーダーによって正しく読み取られるように、適切なARIAラベルを使用します。
明瞭な指示: ユーザーがメニューの存在と機能を容易に理解できるようにします。

ユーザーテストとフィードバックを取り入れた改善方法

ハンバーガーメニューの効果を最大化するためには、以下のようなユーザーテストとフィードバックの取り入れが不可欠です。

リアルタイムのユーザーテスト: 実際のユーザーにウェブサイトを使ってもらい、ナビゲーションの使いやすさについての直接的な観察を行います。
A/Bテスト: ハンバーガーメニューと他のナビゲーションスタイルを比較し、どちらがより効果的かを検証します。
フィードバックの収集と分析: ユーザーからの直接的なフィードバックを収集し、それを分析してウェブサイトの改善に役立てます。

ハンバーガーメニューの設計と使用においては、そのメリットを活かしつつ、デメリットを最小限に抑えるために、ユーザーのニーズとアクセシビリティの要件を十分に考慮することが重要です。

ハンバーガーメニューのカスタマイズと進化

ハンバーガーメニューは、そのシンプルさと効率性から多くのウェブサイトやアプリで採用されています。しかし、ただ単に機能するだけではなく、ユーザーにとって魅力的で記憶に残る体験を提供するためには、カスタマイズとクリエイティブな工夫が必要です。以下では、ハンバーガーメニューをカスタマイズするためのデザインアイデアと、素材を探すためのウェブサイトを紹介します。

カスタマイズ可能なハンバーガーメニューのデザインアイデア

フルスクリーンナビゲーション: ハンバーガーメニューをクリックすると、ナビゲーションオプションが全画面で表示されるデザインです。この方法は、ユーザーにクリアで没入感のある体験を提供し、サイトのナビゲーションをより直感的にします。
グローバルナビゲーションとの併用: ハンバーガーメニューをサイトのグローバルナビゲーションと組み合わせて使用することで、ユーザーに複数のナビゲーションオプションを提供します。これにより、サイトの使いやすさが向上し、訪問者が必要な情報に素早くアクセスできるようになります。
アニメーション: メニューが開閉する際のアニメーションを加えることで、ユーザーの体験をより楽しくします。例えば、ハンバーガーアイコンがXマークに変化するアニメーションや、メニューアイテムが滑らかに表示されるエフェクトなどがあります。

ハンバーガーメニューアイコンの素材サイト集4選

Icooon Mono(https://icooon-mono.com/): シンプルでクリーンなデザインのアイコンが豊富に揃うサイトで、モノトーンのハンバーガーメニューアイコンも見つかります。商用利用も可能なアイコンが多く、ウェブサイトやアプリのデザインに幅広く使えます。
Iconbox(https://iconbox.fun/): ユニークで多様なスタイルのアイコンを提供するサイトです。ハンバーガーメニュー用のアイコンも、クリエイティブなバリエーションで利用可能です。
Flaticon(https://www.flaticon.com/): 世界最大級のアイコンデータベースサイトで、様々なスタイルやテーマのハンバーガーメニューアイコンが見つかります。SVG、EPS、PSD、PNGなど複数のフォーマットでダウンロードできます。
Icon Rainbow(https://icon-rainbow.com/): 色鮮やかで楽しいアイコンが多数揃うサイトで、ハンバーガーメニューのアイコンも個性的なデザインが揃っています。サイトの

テーマや雰囲気に合わせて選ぶことができます。

これらのデザインアイデアと素材サイトを活用することで、ハンバーガーメニューをただの機能的な要素から、ユーザーにとって魅力的な体験の一部へと昇華させることができます。

まとめと次のステップ

ハンバーガーメニューは、現代のウェブデザインにおいて不可欠な要素の一つです。この記事を通じて、ハンバーガーメニューの設計、実装、カスタマイズ方法について学び、そのユーザビリティとアクセシビリティについて考えました。ここで、そのベストプラクティスをまとめ、Webデザインのスキルをさらに伸ばすためのリソースとヒントを紹介します。

ハンバーガーメニューのベストプラクティスのまとめ

シンプルで直感的なデザイン: ユーザーが一目で理解できるシンプルなアイコンを使用してください。
重要な情報へのアクセスを優先: よく使われる項目や重要なセクションは、メニュー内で目立つように配置してください。
アクセシビリティを確保: すべてのユーザーがメニューを利用できるように、キーボードナビゲーションやスクリーンリーダーに対応してください。
適切なフィードバックとアニメーションを利用: メニューの開閉時には視覚的なフィードバックを提供し、ユーザー体験を向上させてください。
定期的なテストと改善: ユーザーテストを行い、フィードバックに基づいてナビゲーションを定期的に更新、改善してください。

Webデザインのスキルをさらに伸ばすためのリソースとヒント

Webデザインのスキルを向上させるには、継続的な学習と実践が重要です。以下のリソースとヒントは、その旅をサポートするために役立ちます。

オンラインコースとチュートリアル: Udemy、Coursera、Codecademyなどのプラットフォームは、初心者から上級者まで様々なレベルのWebデザインコースを提供しています。
デザインインスピレーション: BehanceやDribbbleは、世界中のデザイナーからのインスピレーションを得るための素晴らしいリソースです。
実践を積む: 自分自身のプロジェクトを作成するか、オープンソースプロジェクトに貢献することで、実際の経験を積んでください。
コミュニティへの参加: Webデザインのコミュニティに参加し、経験豊富なデザイナーから学び、フィードバックを得てください。
最新トレンドの追跡: Webデザインは常に進化しています。ブログ、ポッドキャスト、ニュースレターを通じて最新のトレンドやテクノロジーを追いかけてください。

ハンバーガーメニューをはじめとするWebデザインの各要素は、ユーザーがウェブサイトやアプリをどのように体験するかに大きな影響を与えます。ユーザー中心の

デザインを心がけ、常に学び、実践し、改善することで、より良いウェブ体験の創造に貢献できるでしょう。

CONTACT US最適なホームページ制作会社を選定してご紹介します

100%無料 利用実績10万件以上!
まずはお気軽にご相談ください

    お名前

    会社名

    メールアドレス